大阪のポスティング会社POSマーケティング

06-6809-6691

お問い合わせ

MENU

ポスティングをしたら200万円が無料でもらえる方法を5分で学ぶ【大阪市限定】

こんにちは。

POSマーケティングの田中です。

皆さん、集客は上手にできているでしょうか?

もちろん、集客手段としてポスティング・サンプリング・イベント・PR等々たくさんの方法がございます。

ただ、実際の効果はどれくらいなのか・思っていた反響がでるのかなど様々な不安があると思います。

そんな時にネックになるのが、費用負担だと思います。

本日は費用に着目して、記事を書きたいと思います。

・ポスティング費用を1/3にする方法って知っていますか‼

ポスティングって意外にお金がかかります。

チラシをデザインして、印刷して配布するとなると、結構な金額もかかりますし、特に開業したてだと費用負担が大きくなるのではないでしょうか。

そんな時に、当事務所でおススメしているのが、販路開拓(ポスティング・デザイン・印刷など)に使える補助金です。

補助金を使うと実際に係る費用の2/3を経済産業省が負担してくれます。

例えば、150万円使うと100万円を行政が負担してくれるというものです。

もちろん、返済の義務はありませんし、怪しいものでもありません。

当事務所っでおススメしているのが、小規模事業持続化補助金という補助金になります。

こちらは、従業員が5人未満の方を対象に行政がサポートしてくれる補助金になります。

そんな簡単に受けれるものなのか?

気になるところですよね。

特に、助成金と違い補助金は審査があります。

しかも業界平均で30%という決して高い採択率ではございません。

ただ、この30%はあくまでも専門家のみではなく、初めて申請する方や素人の方も含まれています。

じゃあ、当事務所の採択率はいかがなものかといいますと・・・

 

100%でございます。

なぜかというと、補助金の審査員も担当しておりますので、どういった申請が通りやすいのか、どこで加点されるのかなど全て熟知しておりますので、このような採択率を実現できております。

しかも、補助金額(100万円)は高くはないため、大阪でサポートをしている事務所は当事務所のみとなります。

色々な事業をされている方から依頼を頂くことがございますが、貴社にあったご提案をすることで、採択される事業計画書を作成サポートさせていただいております。

もちろん、販路開拓だけではなく、設備を買いたい、人を雇いたい、海外に行きたいなど目的にあった補助金を網羅的にご提案させていただいております。

このページを見ていただいている方、ポスティング費用を負担に考えている方、少しでも安く集客をしたい方などニーズにあったご提案をさせてもらえればと事業を開始しました。

また、こちらはあくまでも新規顧客を獲得する手段の1つになります。

事業経営していくうえで、もちろん新規顧客も重要ですが、貴社の準常連・常連客をが厚く関係性を築くことが更に重要になります。

1度だけの利用だけでなく、今後も自社を利用して頂き、更に口コミで広げていただく顧客が必要なのはいうまでもありません。新規をリピーター化する補助金に興味がありましたら是非1度お問合せ頂ければと思います。

阿部首相は国力向上の為、海外進出・人材育成・女性活躍を中心に運営をしております。

その3つのサポートを金銭的にするのが補助金や助成金になります。

今まで受けたことがない・怪しいから困る・手続きがめんどうだという方も多くいらっしゃるかと思います。

もちろん当事務所では、一括サポートをさせていただいてるので、お客様にしていただくのはヒアリングシートに回答して頂くだけになりますので、便利なツールとしておすすめしております。

是非、補助金を経営に活かしてみてはいかがでしょうか?

・更に、実質ポスティングをしたら200万円が支給されるご提案もさせていただいております。

どうすればできるのかというと、助成金を活用した方法もご案内しております。

補助金・助成金を活用すれば、集客にかかる費用を0円にするだけでなく、更に200万円も支給されますので、起業して間もない経営者の方は、金銭的に余力ができるのではないでしょうか。

具体的には、キャリアアップ助成金や職場定着支援助成金・キャリア形成促進助成金など、職場環境・スキルアップにつなげる助成金をご案内しております。

この、補助金・助成金を組み合わせた販路開拓・従業員研修を混ぜ合わせることで強い組織作り・集客の仕組みをサポートしております。

また、当事務所では中小企業診断士・公認会計士と提携社会保険労務士・提携行政書士・提携弁護士が在籍しておりますので、企業の裏側の細部まで網羅的にカバーさせております。

もし、集客や広告費用でお悩みなら反響率・費用で一歩リードしたPOSマーケティングをご検討してみてはいかがでしょうか。

田中

 

 

電話受付

見積もりフォーム

よくある質問