大阪のポスティング会社POSマーケティング

06-6809-6691

お問い合わせ

MENU

ポスティングは様々な出会いがあります。

こんにちわ。ポスティングスタッフのIです。

今日は、普段のポスティング業務についてのとある1日を書いてみたいと思います。

やって参りましたぁぁ!!!
1人ポスティング祭りじゃ〜い。

お天気は晴れ。
しかーーーし寒い!
ありがたい企業様の広告を真心込めて…。。
んが、なにせこの量はハンパなし(汗)

右肩からショルダーバッグ
左肩からボストンバック
背中には四角いリュック
はぁ〜〜何回かに分ければ良かった(T ^ T)

大丈夫なんか俺???
あーやるともさ。やるともさ(泣)

気合いも充分。早速一軒目。
ココは一階の集合ポストに入れればイィ!

昨夜キレイに折りたたんでるのでポストにもスパーンってな具合に入ってく。

順調じゅんちょーーー♬
ん?
視線??。。。その先には庭先からコチラを見るお婆ちゃん(目_目)☆
私「こんにちは(。・o・。)ノ」
お婆ちゃん「なんのチラシ?」
私「あっ!今回は地元の不動産屋さん情報」
お婆ちゃん「あんた重いのぎょうさん抱えて大変やなぁ〜 ウチらも若い時に衣類山ほどリヤカーに乗せてな。。行商に。。行ったもんやわ。。」
私「そーなんや!色んな人に会えるからエエけど大変やろな行商とか。お婆ちゃん凄いわ〜」

この辺りから長くなる不安は的中し、もはや左肩は抜ける寸前(滝汗)

その後どうにか、お婆ちゃんの凄かった話は20分程度で終わり、お婆ちゃんにも渡して退散。

さっきのお婆ちゃんに元気を貰いベターっと歩いて投函してきます。

ん?
ずいぶん留守なのか転居なのかチラシが溢れたポストが結構ある。
確かに配る仕事をしていれば入れないと余るし、監視の付かないポスティングは自分との戦い!
でも、コレは違う!!!
前のチラシや新聞が結構溜まってるのにウチの依頼主様からのチラシをココに入れると依頼主様が悪く思われる。
そうなのです!ただゴミとして捨てられるなら地図にチェックを入れて次の時に中身が無くなってたら投函するようにしないと家主さんも依頼主さんも大迷惑。

などと個人の主観を皆さまにお伝え出来た事を感謝しつつ更なる試練のポスティングへ。

気がつけば、段々軽くなりつつある両肩のバッグ。後はリュックの物をショルダーバッグに移してラストスパートやい♪

ただポストに入れるだけのポスティング。
でも時には温かいコーヒーやお菓子を貰えたり、人の暖かかさに触れる事のできるポスティング。

キチンと入れれば広告主への反響が如実に現れるポスティング。

ネットでどんな情報も手に入る時代。
こんな時代だからこそ人から人へ、手から手へ信頼出来る情報の取っ掛かりにポスティング!

そんな風に黄昏ながら今日も元気に前に前に。

ポスティングスタッフ Iより。

電話受付

見積もりフォーム

よくある質問